天空の神秘オーロラ
オーロラ完全ガイド
オーロラ撮影術
カメラの防寒対策
CAMERA PROTECTION

時にはマイナス30度を下回る環境でのオーロラ撮影では、自分の服装だけでなく撮影機材のケアも必要となります。冬季のオーロラ撮影は寒さとの戦いと言っても過言ではありません。機材を守るためにも、カメラの防寒対策についてしっかりと備える必要があります。

KEY WORD for this page...

バッテリーの消耗

電力の消費は想像以上に激しい

寒さの厳しい冬季のオーロラ撮影では、バッテリーの消耗が非常に激しくなります。マイナス10度ほどならまだしも、マイナス30度以下になると顕著に消耗スピードが速くなるため、バッテリーの寿命をなるべく長持ちさせるためには、極力バッテリーを冷やさないことが大切です。

オーロラの兆候を待っている間など、しばらく撮影を中断する時でも面倒くさがらずに小まめにバッテリーを抜き取り、暖かいポケット内で温めておくと良いでしょう。ただし、30分以上もカメラと三脚を放置しておく場合は、機材が非常に冷え込んでしまうため、バッテリーを再度入れたときに極端なバッテリーの消耗を招くので注意が必要です。そのような場合は、カメラ自体を毛布などで覆いかぶせるか、屋内などの暖かい場所に機材を戻すのが良いでしょう。

どんなに頑張ってもバッテリーの保護には限界があるため、予備バッテリーを用意することを忘れてはなりません。オーロラ爆発は寒さに関係なく起きる時は起きるものです。夢中でオーロラを撮影していたため、気づいたら大事な場面でバッテリー切れとならないように、予備バッテリーは2個以上備えておくことが理想的です。

 

ボディーの保護

市販のプロテクターの利用

自作のカバーを利用

 

撮影後のケア

結露対策はしっかりと行う

寒い環境で使用していた冷え切ったカメラを、そのまま何もせずに暖かい屋内に持ち込んだ場合、ボディ-表面が結露して機材のダメージにも繋がります。たとえ防塵防滴の機材を使用していたとしても、レンズやファインダー表面が曇るために、しばらく使用することが出来なくなります。この状況を避けるための一つの方法は、ジップロックなどを使用して徐々に屋内の気温に慣れさせていくことです。暖かい屋内に戻る前にカメラをジップロックに丸ごと入れて密封し、その後に部屋の中へと持ち込みます。ジップロックの中には防湿剤やタオルを一緒に入れるとより効果がありますが、無くても特に問題はありません。外気と屋内の気温差が大きいほど結露も酷くなるため、あまりにもカメラが濡れている場合は、撮影した写真の確認も我慢してしばらく電源を入れるのを控えた方が良いでしょう。ほとんどの場合、15分程度でカメラは乾いてくるはずです。乾く前に再度、極寒の野外に出る場合は、濡れた部分が凍結して故障の原因となるので特に注意が必要です。

close
オーロラ完全ガイド
目次
検索
ページTOP
Close