天空の神秘オーロラ
オーロラ完全ガイド
オーロラ撮影術
オーロラと一緒に記念撮影
COMMEMORATIVE PHOTO

せっかくのオーロラ旅行。素晴らしいオーロラに出会えたら、ぜひオーロラと一緒に写す記念撮影も楽しみましょう。オーロラと人物を同時に写すには、決して難しいテクニックはいりません。オーロラとの記念撮影と合わせ、ペンラインアートにも挑戦してみましょう。きっと素晴らしい思い出になるはずです。

KEY WORD for this page...

オーロラと記念撮影

コツを掴めば誰でもできる

オーロラと一緒に写す記念撮影には特別な道具はいりません。必要なのはオーロラを写せるカメラと三脚、そして人物を照らすライトのみです。撮影役の人がいればとても簡単ですが、セルフタイマーを使えば自分一人でも撮影が可能です。大切なのはオーロラ撮影に必要な長いシャッタースピードの間、動かないでいられるかどうかです。一般的なオーロラ撮影に必要なシャッタースピードは10秒から15秒ですので、この間、寒さを我慢してなるべく動かないように頑張りましょう。実際は多少ブレたとしても逆に写真に味がでる時もあるため、あまり気にする必要はありません。あえてシルエットで写すのも面白いアイデアの一つです。

人物とオーロラを写すには大きく分けて2つの方法がありますが、どちらもオーロラ撮影のカメラ設定は同じとなります。一般的な方法はオーロラ撮影中(シャッターを開けている間)に約1秒ほど人物にライトを当て、フラッシュを使った時のように人物を目立たせることです。もう一つの方法は普通にオーロラを写すカメラ設定のままで、ただ人物を構図の中に配置する方法です。この撮影方法ではオーロラの露出に合わせるために人物は暗めに写りますが、鑑賞地の雰囲気が良く出た臨場感のある写真に仕上げられます。

 

記念撮影の手順

記念撮影の手順 1

構図とピント合わせ

記念撮影の手順 2

ライトの準備

記念撮影の手順 3

撮影

 

ペンラインアート

文字入れや絵を描いた写真の撮影に挑戦!

夜空に文字を描くペンラインアートをご存知ですか? カメラの長時間露光による撮影方法を使った遊びの一つであり、ヘッドライトなどの光を使って「光の軌跡」により夜空に好きな文字描くことが可能となります。オーロラと一緒に撮影すれば、さらに思い出深い写真になることでしょう。オーロラを待っている間の遊びにも最適です。

撮影方法は基本的にオーロラとの記念撮影と一緒であり、シャッターを開けている間にヘッドライトやペンライトを使って文字を描きます。文字を描く際のポイントは、撮影した写真は左右対称になるため、鏡に描くように「鏡像」で文字を書き出すことです。慣れればそれほど難しことではありませんが、複雑な漢字よりも数字やアルファベットの方が簡単に描くことができます。数人で一文字づつ分けて描く方法が最も簡単であり、全員で行う素晴らしい記念写真になることでしょう。シャッタースピードを長くすることで、一人でも十分に文字を描くことが可能です。

撮影方法はシンプルで、文字を描く直前にライトの電源を入れ、文字が描き終わったらすぐにライトを消します。一人で文字を連続で描く場合は、一文字ごとに手でライトの光を包み隠す方法が良いでしょう。一人で描くと自分の場所がテンポ良く移動していくため、写真にはうっすらとしか写らないので、文字がより強調されることになります。

  • オーロラ
close
オーロラ完全ガイド
目次
検索
ページTOP
Close